? サーボアナライザー ? ?
サーボアナライザー

サーボアナライザー クアトロ2 システム
Servo analyzer quattro2 system


 

製品について

サーボアナライザー製品画像


・FFT方式を使って計測することで間欠的な定常状態でも制御特性が計測できるようになりました。また、単一周波数毎にゲイン/位相を精密に計測するFRA方式も使えます。


・ボード線図、ナイキスト線図で周波数特性を表示し、ゲイン余裕、位相余裕を自動で数値化し、サーボ制御系の安定性を判別可能。計測結果は、CSV形式でファイル保存して詳細分析可能。


・入出力信号の周波数成分における線形性が一目で把握できるコヒーレンス関数が表示可能。


・ステップ関数/インパルス関数/計測用外乱信号の入出力波形を即座に表示して、計測システムと計測対象のサーボ計測系動作を即座に確認可能。


 

サーボアナライザーを使ったサーボ特性計測

サーボ特性を計測したい機器の制御コントローラーとディジタルI/Fで接続し、計測を行います。

結果は専用アプリケーションにてPC上で確認ができます。


サーボアナライザーを使ったサーボ特性計測の図

製品の特長

止まっても計測可能!<

コントローラーのカスタマイズにより間欠的に動作する制御系に対しても計測ができます。

既存のサーボアナライザには無い機能です。

止まっても計測可能図


ディジタル入出力!

標準 I/F はディジタルです。ノイズの影響を受けない高精度な計測が行えます。

アナログ I/Fもカスタマイズで対応致します。

ディジタル入出力図



 

ページトップへ

製品構成/付属品

製品写真

サーボアナライザー


付属品

・アプリケーションCD (1)

・USBケーブル (1)

・ACアダプター (1)

ページトップへ

仕様/価格

サーボアナライザー(標準仕様一覧)

項目 内容 (quattro2)
計測モード FRAモード 上限周波数 6kHz
下限周波数 1Hz
周波数分割設定 リニア/ログ選択可
周波数分解能 1000ポイント以下
アベレージ回数 200回以下
FFTモード FFT点数 512ポイント以下
上限周波数 30kHz
アベレージ回数 200回以下
解析ソフトウェア
(Lepton)
入出力波形 表示方法 縦軸:電圧 リニア
横軸:時間 リニア
表示可能な波形種別 ・周波数特性計測用の外乱波形
・計測対象との動作確認用のステップ関数波形
・計測対象との動作確認用のインパルス関数波形
ボード線図 表示方法 縦軸:ゲインと位相 リニア
横軸:周波数 リニア/ログ
解析機能 ・ゲイン余裕、位相余裕を数値表示
・入出力信号の線形性を現すコヒーレンス関数を表示
・カーソル機能により波形読み取りが容易
ナイキスト線図 表示方法 縦軸:虚数部の極座標表示
横軸:実数部
動径:デシベル/絶対値
計測結果保存 CSVファイル
Leptonデータファイル(独自フォーマット)
PC動作環境 WindowsXP、Viata、7
ディジタル計測 I/F I/Fコネクタ 26ピン 計測用:2.54ピッチ 5×2、制御用:2.54ピッチ 7×2
通信仕様 SPI準拠 通信クロック:5MHz、データ幅:8bit/16bit
送信:1ch/受信:1ch
電気的特性 CMOSロジック 3.3V 74LVCシリーズ、5V CMOS切り替え可
PC接続 I/F USB 2.0
電源 ACアダプタ 入力 AC100~240V、50/60Hz
出力 +5V
消費電力 5W以下
本体 サイズ H41×W76×D103
重量 約260g
動作温度 10~40℃(結露なきこと)

価格

 お問い合わせください。

※ 各種カスタマイズ、計測サービスのお見積りを致します。

ページトップへ

カタログPDFをご覧下さい

サーボアナライザー カタログPDF

※ このカタログはPDFファイルです。

Adobe Reader等、PDFを表示するソフトウェアが必要です。

※ お持ちでない場合は、こちらから最新のAdobe Readerをダウンロードできます。

ご注文

サーボアナライザーご注文について

 ご注文につきましては以下のメールにてお問い合わせください。

 Eメール(購入関係) : inquiry@micronet.jp

 ※ Outlook以外のメーラーでは件名が文字化けする可能性があります。

 ※ 件名を「クアトロ問い合わせ」に修正いただきますようお願いいたします。


ページトップへ