CircuitViewer4.0 レビジョンアップのお知らせ

弊社製品、電子回路シミュレータ「CircuitViewer」のレビジョンアップ(Rev.9.01)を行いました。

既存ユーザー様は無償パッチ版をご用意しましたので、下記の場所よりダウンロードをお願いいたします。

 

レビジョンアップ内容

■新規機能追加

○オペアンプの飽和電圧の設定機能の追加(Rail-to-Railの設定が可能)

○Windows7対応

 

■バグフィックス

○オシロスコープ(周波数アナライザ)が、プローブを残して消えてしまう現象の対策

○特定の条件下で発生する印刷プレビューでのエラー対策

○弊社製品InterSimで作成したファイルが一部条件下においてオシロスコープの表示位置にズレを生じる現象の対策

○特定のIMEがインストールされている場合における画面描画速度低下の改善

○スイッチを配置する前に回転させると、マウスカーソルからスイッチが離れてしまう現象の対策

○特定条件下での解析不具合の対策

 ・シグナルジェネレータとコンデンサ(1pF)を配置した場合の周波数アナライザの解析

 ・JFETを使った回路においてソース/ドレインを逆に配置した場合の周波数アナライザの解析

 ・BG端子のないNchMOSFETでドレイン電圧よりソース電圧が高い場合のディジタルテスタの解析

 ・トランスの後にトランジスタを置いた回路の場合の周波数アナライザの解析

 ・シグナルジェネレータを2個置いた後にトランスを2個置いた場合の周波数アナライザの解析

 

 

パッチ版ダウンロードについて

■対応バージョン

CircuitViewer4.0 Rev.9.00(左記以外のバージョンにはインストール出来ません。)

■ダウンロード

下記の場所よりダウンロードが可能です。

http://www.micronet.co.jp/cv/support.html

 

本件に関するお問い合わせ

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

 TEL:0263-51-0900

 FAX:0263-51-0850

 E-MAil:sales@micronet.jp