このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

CircuitViewer 4.0 仕様一覧
   
 

■サーキットビューア4.0 製品構成表

 
 
       ベーシック パーソナル フルセット
計測器 シグナルジェネレータ 9種類の信号出力(電圧出力と電流出力、出力抵抗を指定可.インパルス、ノイズ、任意波形発生機能) 2台 4台 8台
ワンクリック定数変更機能(周波数/周期と出力電圧に切換え可) 
DC(直流)電源 定電圧電源と定電流電源に切り替え可   
オシロスコープ チャンネル数(各チャンネル共電流プローブ機能付き)(電流の向きを矢印で表示する) 1チャンネル   1台
2チャンネル   × 1台
4チャンネル(1,2,4チャンネル切換可)  × × 2台
2本のカーソルによるデータ読取と差の表示  
信号ピーク値表示、操作部分離、固定解析ステップ時間指定、波形表示優先、トリガ起動掃引機能
FFTアナライザモード(信号スペクトラムの解析) FFT解析機能   ×
dB切換機能   ×
WAVファイル作成   
解析結果ファイル出力    × ×
周波数アナライザ チャンネル数   1チャンネル   1台
2チャンネル   × 1台
4チャンネル   × × 2台
周波数特性解析とインピーダンス特性解析機能  
2本のカーソルによるデータ読取と差の表示   
周波数軸のLog/Linear表示切換え(Linear表示の時はセンターとスパンで周波数範囲を設定)
縦軸の表示をデシベル、対数、複素数表示に切換え  
周波数特性/インピーダンス特性ファイル出力   ×
デジタルテスタ DC電圧計/DC電流計/電流プローブ機能(電流の向きを矢印で表示する)/接合容量表示ほか 1台 2台 8台
部品 アナログ部品                オペアンプ  電源機能付(オープンループゲイン,帯域幅,スルーレート,出力抵抗)
電源機能なし(電源機能付と同一,電源電圧は±11V固定)
トランジスタ(バイポーラ型)(hFE,ベース抵抗,BC,BE接合容量,アーリ電圧) NPNタイプ  
PNPタイプ  
FET(電界効果トランジスタ)(ゲート遮断電圧,相互コンダクタンス,飽和電流チャネル長変調効果係数,GD,GS,GB,DS間容量)   接合型 Nチャンネル 
Pチャンネル 
MOS型 バックゲートなし  Nチャンネル
Pチャンネル
バックゲート付  Nチャンネル
Pチャンネル
トランス(結合係数は1) センタータップなし  
(1・2次側インダクタンス,巻数比,センタータップ, 1次側のみセンタータップあり 
巻線抵抗) 1次2次側共にセンタータップあり 
スイッチ(1回路1接点,複数スイッチの連動機能)  
抵抗器(ワンクリック定数変更機能)   
可変抵抗器(分割数指定可)   
コンデンサ(極性なし,ワンクリック定数変更機能)  
コイル(巻線抵抗なし,ワンクリック定数変更機能)  
ダイオード ダイオード(定格電流)  
(アノード抵抗,接合容量,降伏電圧)  ツェナーダイオード(ツェナー電圧) 
LED(発光ダイオード・発光色は赤,緑,黄,青) 
アース(使用部品点数にカウントされない)   
ディジタル部品 AND (NANDにも可,2,3,4,8入力選択,最大出力電圧指定,入出力の論理反転が可能)
OR (NORにも可,2,3,4,8入力選択,最大出力電圧指定,入出力の論理反転が可能) 
NOT (BUFFERにも可,ヒステリシス入力,3ステート出力指定,最大出力電圧指定,入出力の論理反転が可能)
ExOR (一致回路ExNORにも可,2,3,4,8入力選択,最大出力電圧指定,入出力の論理反転が可能)
フリップフロップ(D-Type,JK-Type,D-Latch,SRTから選択,最大出力電圧指定,入力の論理反転が可能)
仮想部品 ディジタルフィルタ(FIRタイプ) FIRディジタルフィルタ   × 1個 5個
フィルタ係数ファイル出力   ×
フィルタ係数ファイル読み込み  ×
アナログ演算部品 加算器  
減算器  
乗算器  
除算器  
べき乗器  
積分器  
微分器  
他の機能  ネットリスト出力     × ×
テキストの記入  作成(えんぴつカーソルによる容易な入力位置指定)   300個 300個 300個
表示・編集(フォント指定,文字色,背景色,座標指定)可変ピッチフォントも指定可能 
編集機能     編集を元に戻す、やり直す機能   
回路図の拡大/縮小機能、標準表示倍率機能  
道具を使った回路図編集と使わない回路図編集機能の切り替え  
自動配線開始、自動接合点機能   
切り取り、コピー、貼り付け、削除の機能強化とショートカットキーの組み合わせを拡充 
部品検索機能   
レジューム機能 ウィンドウの状態   
回路図の状態   
計測器の状態   
保存機能 回路図の保存   
計測器とウィンドウの状態の保存   
印刷機能(オシロスコープと周波数アナライザの印刷位置切替え,モノクロ印刷可)  
部品シンボルのJIS準拠への切り替え機能   
回路図のビットマップ取り込み機能(範囲設定して回路図や計測機器をビットマップとしてクリップボードに転送する)
複数起動     × ×
使用可能部品個数(アースを除く)    30個 50個 200個
最大ノード数(現在のノード数や残りの使えるノード数を表示する)    150ノード 150ノード 150ノード
注意 : 実際に使用できる部品点数は、最大ノード数によっても制限されます。
 
 
■動作環境
 
 
 
OS Windows98/Me/2000/XP/Vista/7
※64ビット版windowsでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します。
CPU 動作周波数800MHz以上推奨
メモリ 各OSの動作する最小メモリ以上
HDD 空き容量50MB以上
ディスプレイ XGA/16bitカラー以上推奨
その他条件 インターネット接続環境
(インストール/アンインストール時にwebライセンス認証を行なうため)
 
 

サーキットビューア は、株式会社マイクロネットが、開発・販売を行っている「回路シミュレータ」ソフトです。

CircuitViewer は株式会社マイクロネットの登録商標です。

© 2011 MICRONET Corporation All rights reserved.