回路シミュレータで解析する アクティブフィルタ 東京工科大学 工学博士 (大石 邦夫著)
主な学習内容

 

 

○アクティブフィルタの伝達関数について学べます。

1次LPF,HPF、2次LPF,HPF、2次BPF,BEF,APFの伝達関数について解説してあります。

○フィルタの設計について学べます。

バタワース特性、チェビシェフ特性、線形位相特性、ベッセル特性、周波数変換について解説してあります。

○ 信号を非線形演算する回路で計算機を作る

非線形演算回路、対数変換回路、逆対数変換回路(指数変換回路)、乗算回路,除算回路、べき乗回路,平方根回路で実際に計算することができます.

○アクティブフィルタの構成を学び、それぞれについて実用的なオペアンプを使ったシミュレーションができます。

1次伝達関数を有するアクティブフィルタ、ボルテージフォロワを用いた1次伝達関数を有するアクティブフィルタ、多重帰還型フィルタ、正帰還型フィルタ、デュアルアンプ型フィルタ、状態変数型フィルタ、LCシミュレーション型フィルタについて解説し、その特性を実際にシミュレータを使って目で見て確かめる事ができます。

 

目次

 

第1章 フィルタの伝達関数

1.1 伝達関数によるフィルタの分類

1.2 1次LPFの伝達関数

1.3 1次HPFの伝達関数

1.4 2次LPFの伝達関数

1.5 2次HPFの伝達関数

1.6 2次BPFの伝達関数

1.6.1 2次伝達関数と周波数特性

1.6.2 BPFの細分類

1.7 2次BEFの伝達関数

1.7.1 2次伝達関数と周波数特性

1.7.2 BEFの細分類

1.8 2次APFの伝達関数

第1章演習問題

 

第2章 フィルタの設計

2.1 バタワース特性

2.1.1 最大平坦特性

2.1.2 バタワースフィルタの伝達関数と極の配置

2.2 チェビシェフ特性

2.2.1 チェビシェフ多項式

2.2.2 等リップル特性

2.2.3 チェビシェフフィルタの伝達関数と極の配置

2.3 線形位相特性とベッセル特性

2.3.1 理想的な遅延回路の周波数特性

2.3.2 ベッセル特性と最大平坦遅延特性

2.4 周波数変換

第2章演習問題

 

第3章 アクティブフィルタの構成

3.1 アクティブフィルタの分類

3.2 1次伝達関数を有するアクティブフィルタ

3.2.1 1次LPF

3.2.2 1次HPF

3.3 ボルテージフォロワを用いた1次伝達関数を有するアクティブフィルタ

3.3.1 ボルテージフォロワを用いた1次LPF

3.3.2 ボルテージフォロワを用いた1次HPF

3.4 多重帰還型フィルタ

3.4.1 多重帰還型LPF

3.4.2 多重帰還型HPF

3.4.3 多重帰還型BPF

3.4.4 多重帰還型BEFと多重帰還型APF

3.5 正帰還型フィルタ

3.5.1 正帰還型LPF

3.5.2 正帰還型HPF

3.5.3 正帰還型BPF

3.5.4 広帯域BPF

3.5.5 広帯域BEF

3.6 デュアルアンプ型フィルタ

3.6.1 デュアルアンプ型LPF

3.6.2 デュアルアンプ型HPF

3.6.3 デュアルアンプ型BPF

3.6.4 デュアルアンプ型BEF

3.6.5 デュアルアンプ型LPNFとHPNF

3.6.6 デュアルアンプ型APF

3.7 状態変数型フィルタ

3.7.1 状態変数型フィルタ(非反転入力)

3.7.2 状態変数型フィルタ(反転入力)

3.7.3 バイカッド型フィルタ

3.8 LCシミュレーション型フィルタ

3.8.1 GIC

3.8.2 接地型インダクタの等価とLCRフィルタへの適用

3.8.3 非接地型インダクタの等価とLCRフィルタへの適用

3.8.4 FDNRとシミュレーション型フィルタ

第3章演習問題

 

付録

参考文献

索引

 

スクリーンショット
動作環境

 

OS :

Windows XP/Vista/7/8/8.1

※64bit版windowsでは、32bit互換モード(WOW64)で動作します。

CPU : 動作周波数800MHz以上推奨
メモリ : 各OSの動作する最小メモリ以上
HDD : 空き容量100MB以上
ディスプレイ : XGA/16bitカラー以上
(XGAに満たない場合、画面をスクロールしていただく必要があります。)
その他 :

インストールの際に、web認証を行ないます。

インターネット環境または電子メールの環境が必要となります。

※本製品は、1台のPCにつき、1ユーザのライセンスとなっています。

※マルチユーザ環境では、任意の1アカウントでのみご使用いただけます。(インストールには管理者権限が必要です)

 

 

本製品のシミュレータ機能は、本製品を使う上で十分な機能かつ特化された機能を備えておりますので、別途シミュレータCircuitVIewerをご用意いただく必要はございません。
弊社製品「CircuitViewer」は、回路設計に適しており、自由度並びに操作性の面で大変優れております。本製品で基礎知識を学んでステップアップする際にはぜひ、お薦め致します。
ページのトップへ戻る